img_01

新会社「株式会社タジマEV」設立のご挨拶

世界中で多発する異常気象、海面の上昇や砂漠化など、私たちの住む地球はさまざまな環境変化にさらされています。それらは二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う温暖化の影響と言われています。

これらの課題に対して、私自身は、一般社団法人 電気自動車普及協会において、電気自動車の普及による地球環境の改善を訴え活動を続けて参りました。

一方で、私が代表を務めるSIM-Drive株式会社では次世代自動車の開発を、さらに、株式会社タジマモーターコーポレーションでは、自社開発の電気自動車開発・製造をはじめパートナー企業の受託開発・製造を数多く手がけて参りましたが、より迅速にニーズに対応しあらたな価値を市場に提供していくため、この度これらのEV関連事業を新会社「株式会社タジマEV」に統合いたしました。

世界各国には、マスをターゲットにした大手自動車メーカーではカバーしきれない領域が存在し、潜在的なニーズに対しての細やかな対応が求められています。
例えば、モーターリゼーションの普及が環境への負荷となる懸念がある発展途上国においては、実際に普及可能なコストで導入可能なソリューションが求められています。
また、市場が熟成すると共に高齢化が進行する先進国においては、より利便性が高いものやより付加価値の高いものが求められています。

これらのニーズに応えるため、自社だけでなく各分野のエキスパートおよび最先端企業の力を集結し、新しいEVつくりだけでなく"EV社会"の可能性を追求した Mobility Life Design 事業の開発を目指して参ります。

株式会社タジマEV 代表取締役会長兼社長/CEO 田嶋 伸博